「出会い」や「つながり」によって未来は変わる

一般社団法人パーソナルサービス支援機構は、だれもが希望をもって一歩を踏み出し、自分らしく生き続け、個性を大切に活躍することのできる社会や環境づくりをおこない、人や地域との「出会い」や「つながり」を大切にしたトータルサービスをおこなっています。

かのや自立就労サポートセンター

働きたい気持ちはあるけれど、社会に対する不安や働き続けることへの心配から一歩が踏み出せない方、生活面での悩み事をお持ちの方からのご相談をお受けしています。
スタッフが寄り添いながら一つひとつ課題を整理し、必要に応じて行政や他の支援機関と連携し、解決に向けたお手伝いをいたします。
就労支援については、一人ひとりの状況に合わせたオーダーメイドのプログラムで、就職活動や就職後の定着支援までを総合的におこなっています。

詳しくはこちら

PSスクールかのや

小・中学校や高校を「不登校・苦登校」になっている、または、中学卒業後や高校を中退して「ひきこもり」状態になっているお子さまがいらっしゃるご家族の方からのご相談をお受けしています。
スクールの通所においては、お子さまの状態に応じて個別面談やメンタルヘルスケアをおこない、学習や生活習慣のサポート、そして、様々な体験活動やイベントの参加を通じて豊かな人間性を育み、お子さまの笑顔が日常に戻るお手伝いをしています。

詳しくはこちら

おおすみ子どもアドボカシーセンター

アドボカシーとは、子どもの権利条約の「意見表明権」を保障するためのものです。
簡単にいうと、「大人の事情は考えず、どんなときも子どもの味方で、今どんな気持ちか、何を望んでいるか、どんなことをされたのかなどを聴き、うまく話せないときは文字や絵で表現してもらい形にするお手伝いをし、秘密は必ず守ったうえで、その声を届けるべきところへ届ける」というものです。
自分の意見を尊重されて育った子どもは、必ず、子どもの意見を尊重する大人になります。
こども なんでもそうだんしつ
施設や学校、家のこと、悩みがあれば小さなことでも相談してください。親御さまの子育て相談もお聴きします。

おおすみアウトリーチ支援センター

ひきこもり状態の方やそのご家族さんからご依頼いただきましたら、専門員がご自宅へ訪問し、お悩みを聞かせていただきます。
はじめはご本人さんとお話しできなくても大丈夫です。まずは、そのご家族さんに寄り添い、無理ないように、これからのことを一緒に考えさせていただきます。
そして、ご本人に合った心の居場所を探し、社会参加に向けて少しずつ応援いたします。
「かごしま8050ネットワーク」
企業や民間支援団体、公的機関などがつながったネットワークが鹿児島県内にございます。鹿児島県内のどちらにお住まいであってもおつなぎいたしますので、安心してご相談ください。

おしらせ

アクセス

  • 鹿児島交通 「航空隊前」徒歩10
  • かのやくるりんバス「西原2丁目中央」徒歩5
  • 鹿児島交通(大須循環)「松原住宅前」徒歩3

駐車場有り(お車・バイク・自転車でお越しいただけます)

ページのトップへ